「したたる」

  したたる 『滴滴集』ひらく窓下をよこぎりて猫よいづくに肛門を嘗む   ゆあちやん ゆるしてとノートに書いた五歳児のゆるしてノートに書きしゆるして 川に沿ひ散歩するなり玉子焼きを九十五歳に出したるのちに 白花の蛍袋の咲き満ちてややつぼみたるがかたまり咲ける 崖の草刈りはらはれて刈草の中にとぼりぬホタルブクロは 一枝の定家葛を折りとりて持…

続きを読む