秋はおしまひ

  秋はおしまひ アラスカの氷河崩れるときのまを消音でみる歌会よりもどり フォートマクマレーの原にオーロラを見しこと体育座りなどして ご長寿の香典返しにキャラメをつける習はしゲゲゲ忌に知る 海ちやんほら夕焼けきれい空も雲もいろんな赤にそまつてゐるよ 谷すぢに銀杏いつぽんありふれば霜月しまひの木下華やぐ 舗装路の亀裂は補修されぬままさ…

続きを読む

短歌人2月号より その4 会員1

立ちなさいお茶が欲しいの午後二時の私がわたしに命令下す     青木みよ    わたしなどすつかりお尻が重くなつちまつて。    私も私に命令しませう。 土手焼とぬたを注文したあとの酒の肴に貪着は無し     たかだ牛道    貪着は頓着と同語源、とある。    善き酒飲みであることよなぁ。 蜜柑かとおもえばごむぼーるの黄色、落ちてみち…

続きを読む